シラジットと男性不妊

更新日:5月21日


今回は、海外で臨床研究を行った精製シラジットについて取り上げます。

<精製シラジットとは>

シラジットは、ヒマラヤ山脈の標高3000~5000mの位置に、太古の昔、海に生息していた動植物、魚介類、藻類などが堆積し、それらが数千年もの長い年月を掛けて微生物によって分解と発酵を繰り返してできた最終生成物です。この生成物から抽出した物質が、精製シラジットです。

精製シラジットには、DBPs[ウロリチン A・B](ジベンゾ-α-ピロン)、DCPs(DBP-クロモプロテイン)、フルボ酸、並びに40種類のミネラルが含まれております。ORAC値が2300μmoleTE/gで多くのスーパーフルーツより抗酸化作用が高く、コエンザイムQ10の体内吸収を向上させるなどの特長を持っています。

図1精製シラジットに含まれる物質一覧

原産国のインドにおいて、2009年と2015年にヒト臨床試験を行い、精子減少症における精製シラジットの投与による精子形成活動(2009年)と健常者のテストステロン値(2015年)の臨床研究を行いました。研究論文の要約、結論を以下のようにご紹介致します。


【要約、結論】 精子減少症におけるシラジットの投与による精子形成活動の臨床評価
Clinical evaluation of spermatogenic activity of processed Shilajit in oligospermia

以下要約

精子減少患者を対象に、加工済みシラジット(PS)の安全性及び精子形成活性を評価した。まず、不妊男性患者60名を評価し、精液中の総精子数が2000万/mL-1未満の患者を精子減少とみなし、本試験に組み入れた(n=35)。PSカプセル(100 mg)を1日2回、主要な食事後に90日間投与し、投与前及び投与終了時に、精液分析(total semenogram)、血清テストステロン、黄体ホルモン、及び卵胞刺激ホルモンを評価した。酸化ストレスのマーカーであるマロンジアルデヒド(MDA)、精液の内容物、及び安全性の生化学的マーカーについても評価した。投与を完了した28名において、ベースライン値との比較で精子容量(37.6%増)、総精子数(61.4%増)、精子運動(様々な時間間隔後、12.4~17.4%)、正常精子数(18.9%増)が有意に改善(P < 0.001)するとともに、膿及び上皮細胞数が減少した。また精液中のMDA含量が著しく減少した(18.7%減)。一方、血清テストステロン(23.5%増、P<0.001)値及びFSH(9.4%増、P< 0.05)値が上昇した。HPLCクロマトグラムにより、精液中にPSの成分が含まれていることが明らかになった。患者の肝及び腎プロファイルが変化しなかったことから、規定の投与量でPSの安全性が示された。本試験の所見から、アーユルヴェーダ医学で示されているとおり、特にPSとして投与された際のシラジット精子形成能のさらなるエビデンスが得られた。


図2 精子減少患者(n=28)を対象に、加工済みシラジット(100mg/1日2回)投与前と投与後90日後の目的変数
a P<0.001, b P<0.05


図3 精子減少患者(n=28)を対象に、加工済みシラジット(100mg/1日2回)投与前と投与後90日後の安全性パラメータ
a P<0,05

結論

最新の診断法及び臨床的方法に基づく本試験の所見により、PSによる精子減少症の有効な薬物治療に関する非臨床的なエビデンスが裏付けられた。また、PSは、理論的には、100 mg 1日2回の用量で、有害な副作用なく使用することができる。HPLC解析により、90日間のPS投与により、PSの重要成分の一部が精液中に取り込まれていることが明らかになった。臨床的所見は、投与を受けた精子減少患者の精液の質が明らかに改善したことを示していたことから、これらの改善は、部分的にはPS成分の精液への取り込みが原因であったと推察される。PS投与患者4名における生殖能力の回復は、天然製品による精子減少症治療の可能性を開く。その成分が精巣機能に果たす正確な役割は依然として確立されていないが、この生殖能力の回復傾向は、PSをさらに長期間継続した場合、より明確に示されると考えられる。


【要約、結論】精製シラジットの投与による健常者のテストステロン値の臨床評価
Clinical evaluation of purified Shilajit on testosterone levels in healthy volunteers

以下要約

精製シラジット(アーユルヴェーダではラサヤナ)250 mgの1日2回投与が男性ホルモン、すなわちテストステロンに及ぼす影響について、45~55歳の健康被験者を対象とする無作為化、二重盲検、プラセボ対照臨床試験において評価した。90日間のシラジット投与により、シラジットが、プラセボとの比較において、総テストステロン、遊離テストステロン及びデヒドロエピアンドロステロン(DHEAS)を有意に増加させることが明らかになった(P < 0.05)。性腺刺激ホルモン(黄体形成ホルモン及び卵胞刺激ホルモン)値は十分に維持された。

図4 プラセボに対してテストステロンとそのメディエーターにおける精製シラジットの効果

P<0.05 対応のある、対応のないt検定における有意差
a 同グループの0日目との比較
b プラセボグループとの比較

結論

本試験は、45~55歳の正常な健康被験者におけるテストステロンの分泌及び刺激効果に対する精製シラジットの有効性評価を目的として実施された。この効果は、マーカーが明らかに上昇した0、30、60及び90日後の遊離テストステロン及び総テストステロンを評価することができる。テストステロンの合成と分泌は、2種類の性腺刺激ホルモン(黄体形成ホルモン及び卵胞刺激ホルモン)の維持濃度、並びにテストステロンの前駆物質であるDHEAの上昇によって裏付けられた。


<論文元(2009)>
First International Journal of Andrology
andrologia
ORIGINAL ARTICLE
Clinical evaluation of spermatogenic activity of processed Shilajit in oligospermia
T. K. Biswas1, S. Pandit1, S. Mondal1, S. K. Biswas1, U. Jana1, T. Ghosh1, P. C. Tripathi2, P. K. Debnath3, R. G. Auddy4 & B. Auddy4
1 Research Unit, J. B. Roy State Ayurvedic Medical College and Hospital, Kolkata, India;
2 Institute of Postgraduate Ayurvedic Education and Research at SVSP Hospital, Kolkata, India;
3 Department of Kayachikitsa, J B. Roy State Ayurvedic Medical College and Hospital, Kolkata, India;
4 Natreon Inc., Salt Lake City, Kolkata, India

<論文元(2015)>
First International Journal of Andrology
andrologia
ORIGINAL ARTICLE
Clinical evaluation of purified Shilajit on testosterone levels in healthy volunteers
S. Pandit, S. Biswas, U. Jana, R. K. De, S. C. Mukhopadhyay & T. K. Biswas
Research Unit, Department of Health and Family Welfare, J. B. Roy State Ayurvedic Medical College and Hospital, Government of West Bengal, The West Bengal University of Health Sciences, Kolkata, India





閲覧数:33回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今回は、リコピンと女性不妊症のTopicsを取り上げます。 女性不妊症の一つの原因になる、婦人科の難治病でもある、子宮内膜症があります。不妊と子宮内膜症の因果関係は明確にわかっていませんが、子宮内膜症による炎症や癒着によって、組織が変形してしまい、物理的に妊娠が妨げられる場合もあれば、子宮内膜症に伴って分泌されるさまざまな物質によって、卵管内や子宮内の環境が変化するため、妊娠を妨げる場合があると考

N.K.Mohanty, Kumar Sujit, A.K.Jha, R.P.Arora 新德里 Safdarjung 医院泌尿外科 要約 特発性乏精子症・精子無力症は、男性不妊症の24%を占めている。そのような男性不妊症の原因としてのフリーラジカルの役割が最近立証された。我々は、フリーラジカルによるそのような不妊症の男性の治療におけるリコピン(抗酸化物質)の役割を立証する研究に着手した。 正常の

今回は、イノシトールにおける男性の不妊治療分野の臨床試験を取り上げます。 イノシトールとは イノシトールは糖アルコールの一種で、体内でグルコースから合成されるビタミンB物質です。イノシトールは、レシチンの内因性産生を刺激し、神経系の脂肪や糖の代謝、および細胞活動をチェックする機能が示されています。体内で合成される以外に、成人がお米など穀物のぬかや豆類などから摂取するのに対し、乳幼児は母乳から補充さ