イノシトールと女性不妊

更新日:5月21日

今回は、イノシトールにおける女性の不妊治療分野の臨床試験について取り上げます。

イノシトールとは

イノシトールは糖アルコールの一種で、体内でグルコースから合成されるビタミンB様物質です。イノシトールは、レシチンの内因性産生を刺激し、神経系の脂肪や糖の代謝、および細胞活動をチェックする機能が示されています。体内で合成される以外に、成人がお米など穀物のぬかや豆類などから摂取するのに対し、乳幼児は母乳から補充されることになります。現在、イノシトールは医薬部外品・栄養ドリンク・健康食品・ダイエット飲料・乳幼児粉乳・化粧品等に幅広く使用されています。


イノシトールを女性不妊治療に研究されたご背景

イノシトールを女性の不妊治療に応用する臨床試験が、10年ほど前から活発に実行されています。特に、排卵機能改善の領域には数多く研究論文が発表されています。

排卵障害とは、排卵させるまでの過程に異常がおき、卵が育たない、育ってもうまく排卵できないことを言います。臨床症状として、以下の場合が挙げられます。
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)による不妊:生理が来ない、排卵しない
体外受精の排卵誘発段階:刺激を受けても卵巣が反応しない、又は反応が悪く卵胞が育たない
体外受精の採卵段階:LHサージになって卵胞の大きさも十分あるが、取れた卵が未熟卵もしくは変異卵

排卵のプロセスは複雑なもので、各種女性ホルモンが相互作用しながら完成されるものです。排卵障害の一番重い症状の例として多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)について解説します。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が高インスリン血症と関連していることは、以前の研究から明らかになっています。これにより、代謝性合併症、生殖の罹患率、およびインスリン感受性と抵抗性の関係に関する広範な調査が開始されました。研究によると、インスリンの効果のいくつかは、推定インスリンメディエーターまたはセカンドメッセンジャーとしても知られている推定イノシトール含有ホスホグリカンメディエーターによって媒介されることがわかっています。そのため、イノシトールはメトホルミンとトログリタゾン以外のインスリン感作物質として分類され、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)治療にも優位性が有ると仮説をし、臨床研究が広く展開されるようになりました。

イノシトール臨床研究論文(一例)のご紹介

イノシトールが女性排卵機能改善の領域において数多く研究論文を発表がされています。今回は、2017年12月に発表された論文を一例としてご紹介をします。

【要約、結論】 イノシトールが体外受精の臨床妊娠率改善に対する評価

要約

ミオイノシトールの前処理は非常に新しいアプローチであり、生殖補助医療における卵巣反応の低下に対処するために、複数の小規模な研究で評価されています。この研究は、卵細胞質内精子注入法(ICSI)または体外受精-胚移植(IVF-ET)による排卵誘発を受けている不​​妊症の女性におけるイノシトール補給の有効性を決定することを目的としました。

試験概要

総被験者数935名の体外受精を受ける予定の女性に対して7件の試験が実行されました。被験者に、採卵3か月前もしくは排卵誘発初日から採卵決定日もしくは妊娠判定14日目まで、1日当たりミオイノシトール4g+葉酸400μgを内服していただき、対照群は葉酸のみ内服です。



結論

ICSIまたはIVF-ETの排卵誘発を受けている不妊症の女性にミオイノシトールを投与した結果、排卵誘発剤に対する卵巣反応低下問題のアプローチに積極的な役割を果たしている可能性に関連していると推測できます。卵母細胞や胚の質の改善、並びに排卵誘発に必要な誘発剤の使用量の低減に対して改善されたことを示唆されます。ただし、これらの研究のサンプルサイズは比較的小さく、コンセンサスはまだ達成されていません。一方、臨床妊娠率におけるその有効性も決定されていないため、生殖補助医療において女性に有益であるためには、ミオイノシトールに関する蓄積された証拠を照合する必要があります。


<Reference>
[1] Inositol supplement improves clinical pregnancy rate in infertile women undergoing ovulation induction for ICSI or IVF-ET
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5728865/
[2] Effects of myo-inositol supplementation on oocyte's quality in PCOS patients: a double blind trial
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/21744744/
[3] Inositol: effects on oocyte quality in patients undergoing ICSI. An open study
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24302192/
[4] Effect of dietary myo-inositol supplementation in pregnancy on the incidence of maternal gestational diabetes mellitus and fetal outcomes: a randomized controlled trial
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/23327487/



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今回は、リコピンと女性不妊症のTopicsを取り上げます。 女性不妊症の一つの原因になる、婦人科の難治病でもある、子宮内膜症があります。不妊と子宮内膜症の因果関係は明確にわかっていませんが、子宮内膜症による炎症や癒着によって、組織が変形してしまい、物理的に妊娠が妨げられる場合もあれば、子宮内膜症に伴って分泌されるさまざまな物質によって、卵管内や子宮内の環境が変化するため、妊娠を妨げる場合があると考

N.K.Mohanty, Kumar Sujit, A.K.Jha, R.P.Arora 新德里 Safdarjung 医院泌尿外科 要約 特発性乏精子症・精子無力症は、男性不妊症の24%を占めている。そのような男性不妊症の原因としてのフリーラジカルの役割が最近立証された。我々は、フリーラジカルによるそのような不妊症の男性の治療におけるリコピン(抗酸化物質)の役割を立証する研究に着手した。 正常の

今回は、イノシトールにおける男性の不妊治療分野の臨床試験を取り上げます。 イノシトールとは イノシトールは糖アルコールの一種で、体内でグルコースから合成されるビタミンB物質です。イノシトールは、レシチンの内因性産生を刺激し、神経系の脂肪や糖の代謝、および細胞活動をチェックする機能が示されています。体内で合成される以外に、成人がお米など穀物のぬかや豆類などから摂取するのに対し、乳幼児は母乳から補充さ